1. TOP
  2. 秀衡塗りの椀

秀衡塗りの椀

茶事
この記事は約 1 分で読めます。 1 Views

秀衡塗り秀衡塗りは、陸奥の豪族「藤原秀衡」から由来しており、特徴は源氏雲の上に金箔の有職菱紋を飾り、草花をあしらったデザインです。
懐石の時のハイライトとも言える煮物椀につかいますが、椀の内側の塗りが黒いのでかえってどんな色合いの食材も合うような気がします。

海老しんじょに緑の野菜と、吸い口にゆずをそえたり、今頃は白身魚に片栗粉を付け、湯に通し、たけのことわかめ、そして吸い口に木の芽を添えると良いのではと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 名残りの茶事 作法

  • 茶事 朝茶 ①

  • 茶事の心

  • 開炉の茶事

  • 八寸の取り合わせ

  • 口切 くちきり