1. TOP
  2. 旅箪笥を使いました

旅箪笥を使いました

茶道具
この記事は約 1 分で読めます。 1 Views

旅箪笥旅箪笥(たびだんす)は、千利休が秀吉の小田原の陣に携えるために創案したと言われています。正面の金具のついたけんどん式の扉を開けると棚が2段あり、上の段には柄杓掛け用の切込みがあります。
材質は、桐木地と桐春慶塗があるようです。
写真は濃茶点前の飾で、けんどんの扉を開け、水指を引き出し、その前に茶入れを飾ります。
旅箪笥は、炉の季節に使うことが多いようです。歴史にうとい私ですが、この棚を見ると、利休が点てたお茶を飲みながら秀吉は戦略を練ったのだろうか?あるいは、淀殿を呼んで茶会を開いたのだろうかと一人思います。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 5

  • 茶杓の銘

  • 竹の花入れ

  • 表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 4

  • 御所車の香合

  • 掬水月在手