1. TOP
  2. 炉開き 瓢炭斗(ふくべすみとり)

炉開き 瓢炭斗(ふくべすみとり)

茶道具
この記事は約 1 分で読めます。 1 Views

FullSizeRender

FullSizeRender

IMG_0946

IMG_0947

昔は口切りの時毎年新しいものを切り、その炉の期間だけ使用して、お正月が来たら使わなかったようです。

だから瓢を乾燥させただけで、内を黒く塗っていなかったようです。
炭の組み方は乱組みに組むのが一般らしいです
丸ギッチョを奥に横一に置き、丸ギッチョ、割ギッチョ、前に割ギッチョ、丸ギッチョその前に添炭。
右側に丸管、割管を一本ずつ置き枝炭(白炭)は根元を上にして右手前に置きます。香合は、空いている場所に置きます。
もちろん胴炭は真ん中に置きます。
我が家の炭斗は小さいので少し小さめの炭を使います。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 懐紙

  • 中置き

  • 枝炭 えだすみ

  • 5月の茶室

  • 懐石道具

  • 交趾焼 (こうちやき) 花入れ