1. TOP
  2. 竹台子

竹台子

作法 茶道具
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

竹台子 たけだいす と読みます。 村田珠光の好みと伝えられています。

天然忌の時は、竹台子の棚の中央に鳳凰風炉と富士釜を置きますが、
この一つ飾りを、考案したのが如心斎だそうです。

台子の竹の柱を組み立てるときに、いつもどこにどの柱を立てようかと迷います。
目に見えている節の数は二つ節が1本で,三つ節が3本です。
しかし、約束にあったものであれば二つ節の物も1つの節が地板の中に,あるので
本当は四本とも三つ節があるそうです。
その柱をどう組み立てるかと言うと、左手手前が節が二つ見えるもの
次に節の低い柱を右手奥(客付き奥)、その次に節の低い柱を右手前(客付き手前)に、
一番高い柱を勝手付き奥(左手奥)に立てます。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 茶杓

  • 開炉の茶事

  • お稽古が進むにつれて

  • 刷毛目姥口釜

  • 服紗

  • 中置きの濃茶点前 続き