1. TOP
  2. 広口釜

広口釜

作法
この記事は約 1 分で読めます。 1 Views

もう2月ですね。

1週間ほどコタツの中で冬眠しました。
2月になると何かと忙しくなりましたので
活動開始です。
2月の寒い時期に使う釜に広口釜があります。
IMG_1145

広い口から湯気が出ているとホッとします。
釜の蓋を取る時は、柄杓を左手でかまえ、
右手で、普通に置いている蓋置きを、右の方へずらして置きかえます。
写真でみると、蓋置きをずーと向こうに置いているようにみえますが、蓋が炉縁にかからない程度に、手前は、点前畳にかからないように置くと良いと思います。
釜の蓋をしめるときは、柄杓を左手に構えて蓋をしめ、すぐに蓋置きを元の位置にもどして、柄杓を蓋置きに引きます。
寒くなると筒茶碗でお茶をいただきたくなりますね。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 茶事 朝茶 ①

  • 習事八箇条

  • 開炉の茶事

  • 中置の薄茶点前 続き 4-3

  • 客の作法 薄茶の頂き方

  • 八寸の取り合わせ