1. TOP
  2. 白芙蓉

白芙蓉

お茶の席
この記事は約 1 分で読めます。 1 Views

天然忌は、9月13日に催されます。
残月亭の床には、如心斎の円相の軸がかけられ、
三田青磁算木の花入れに、白芙蓉がいけられ、前に天目に茶とうが供えられます。
白芙蓉の花を入れるのが慣わしのようですが、白芙蓉がない時に、酔芙蓉を
入れていると、昼からの2時、3時ごろになると段段とピンクになってきます。
普通のお稽古の時は、きれいだなと思うけど、やはり法要の時は白芙蓉が、似合うと
思いました。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 立礼卓

  • 風炉の季節

  • マツムラ草って茶花?

  • 竹の花入れ

  • 酔芙蓉

  • 炭点前の道具