1. TOP
  2. 茶杓

茶杓

茶道具
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

大亀老師 老松大徳寺第511世立花大亀老師作 銘 「老松」です。
茶杓の始まりは、中国の薬匙に由来すると聞いています。
茶杓は、作る人によってとても特徴が出ていると思います。
最先端部分の「露」がなだらかで、丸かったり、尖らせたり、櫂先の折り曲げた角度が急だったり、緩やかなカーブだったりします。
又、実際に点前で抹茶をすくうと以外に掬いずらかったり、反対に思うように掬えたりします。小さいけど存在感のあるお道具だと感じます。

2005年の8月に105歳で亡くなられた大亀老師のお茶杓は、お茶会や茶事の席でたくさんお目にかかりました。
「養老」「無尽蔵」などの銘の茶杓も拝見させていただきました。

H20.10月4日、10月11日の茶杓の銘もあわせてご覧ください。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 点前の道具 ①

  • 根来塗りのお盆

  • 国師釜

  • 筒茶碗

  • 立礼卓(りゅうれいじょく)での点前

  • 香合 蛤に菊の絵