1. TOP
  2. 萬代屋釜

萬代屋釜

茶道具
この記事は約 1 分で読めます。 1 Views

DSC03378写真は萬代屋釜です。

堺の茶人、萬代屋宗安が所持していた釜を模して造られ、肩と腰に擂座をめぐらしています。
「るいざ」はどんな意味なんだろうと、数年前調べた時、座禅の時使用する座布団の形をしていると何かの本に書いていたように記憶しています。
でも改めて調べるけど、私の知識ではわかりません。
どなたかお教えいただけませんか?「るいざ」「累座」 「擂座」について。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 刷毛目姥口釜

  • 茶杓

  • 赤膚焼 香合

  • 点前の道具 ①

  • 茶杓 銘 「へそ曲がり」

  • 長板風炉の一つ飾り