1. TOP
  2. 釜の扱い方

釜の扱い方

茶道具
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

お道具を長い間使っていると、どんな扱いをしてきたかが道具に現れてきますね。
釜が錆びたり、楽茶碗の内側が白たたけたりと、いろいろな症状が出てきた時に、反省させられます。こんなはずでなかったと。

釣り釜がほしかったので、茶道具店で、錆びもなく値段も手ごろな中古の釜を買い求めました。

釜の底に白い塗料が塗っていましたので、社長さんに尋ねましたら、漆をかけてさびどめをしているので、その漆の匂いを消すために、炭酸カルシウムを塗っているそうです。体に毒ではないそうです。

鉄の釜は、よく手入れをされていると次第につやが出て美しくなるとよく言われますね。鉄は手あぶらと塩分を嫌うので直接手で触れないように、環か布巾で持つと良いでしょう。手あぶらがしみになると、とれませんので私たちの肌と同じ様です。

箱にしまう時は、普段よりもっと乾かし、布につつまない方が良いそうです。
五徳を上げるときは、熱いお湯で灰を完全に洗い流します。そして十分に乾かします。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 茶会に参加

  • 懐紙

  • 割蓋平水指

  • 旅箪笥を使いました

  • 赤膚焼 香合

  • 香合 蛤に菊の絵