1. TOP
  2. 着物 水屋着

着物 水屋着

お茶の席 着物
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

11月に入りました。
いよいよ炉の季節になりました。
皆さんの教室の稽古場も、再来週あたりから炉のお稽古になる事でしょう。
炉の季節になると不思議な事に茶事を催す事が多くなります。

お茶事の稽古のとき、「着物の上にどんなものを着たらいいの」と尋ねられた事があります。
裏方に徹する方は洋服でしょうが、着物で手伝うのでしたら、上にエプロンをつけないと着物が汚れてしまいます
私の経験から、昔は母たちが着ていた白いエプロンで、腰から下は別布で前掛けを作っていました。その前掛けも前だけでなく後ろも包んでしまう、下着の「おこし」のように広いものでした。
いつの間にか時代は過ぎ、エプロンもおしゃれになってきました。

着物の上には織るエプロンはお尻丈ではなく、裾まである丈が長く、素材、色柄も豊富です。(でも私は、白のエプロンがすきです。)

また、着物の時に着る雨具で、2部式ではなく、身丈の長い雨具を見たことがあると思います。
上から下まで続いた長さの身丈で水屋着を作ります。
素材は、絣、つむぎなど自分で手洗いできるものを選びます。

私は、単衣の着物で、少し派手になって着なくなったもので作り替えました。
もちろん、生地は自分で洗えるものです。

<私も作ってみようと思う方に、簡単な作り方教えます>
1、袖丈を短くします。袖の丸みを大きく、または船底にします。
2、袖口にゴムを入れるようにします。
3、身丈を短くします。
  自分の着丈と裾の折り返し20センチほどに
  裾を三つ折りぐけする長さをプラスし、前身ごろはオクミに向かって短めに切り   ます。後ろ身頃と同じでは,前が下がってしまいます。
4、切り取った布でひもを四本作り、脇、襟の下の方につけます。

呉れ呉れも、切る時は注意してください。

教室での稽古の時は先生がいらっしゃいますから、どんなもの羽織ったらよいかお尋ねする事が、一番でしょう。

あなたが茶会等で、教室の稽古場以外の所でお手伝いする時、水屋以外の場所では
エプロンを外した方がよいでしょう。
どんなに高価な水屋着でも、あくまで水屋着です。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 着物 ③

  • 着物 小紋

  • 藁灰

  • 着物 ①

  • 立礼卓(りゅうれいじょく)での点前

  • 着物 訪問着