1. TOP
  2. 縁高の黒もじ

縁高の黒もじ

お茶の席
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

IMG_1147

先日、お茶の友達から
「縁高の時の黒もじは、どうする?」と、
尋ねられました。
「どうするって?」
「最後に黒もじはどうする?」
お互いに師匠が亡くなったので、困った時に
尋ねあいます。
縁高は茶事など正式な濃茶の席の菓子器としてつかいます。
普通五段重ねで、一重に一つの菓子を入れるのが正式ですが、人数が多い場合は、二つ、三つ入れることがあります。
いちばん下の重が正客の分で必ず一つだけ入れます。
蓋の上に人数分の黒もじを添えます。
友達は、一人ずつ使用した黒もじを最後に
各自持ち帰る?
各自の重に入れる?
正客の重に皆さんが入れる?
一番上の重にいれる?
昔、客は自分の口をつけたものは返さずに持ち帰っていましたが、
今はお返しすることが多いようです。
友達と私は、各自持ち帰える あるいは、正客の重に入れることが良いよね。と言うことになりました。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 大山蓮華

  • 萬歳緑毛亀

  • 立礼卓(りゅうれいじょく)での点前

  • 礼儀と作法

  • 棚 炉縁

  • 炉の花