1. TOP
  2. 中置き

中置き

茶席 茶道具
この記事は約 1 分で読めます。 1 Views

いつの間にか10月になってしまいました。
少しずつ気温も下がり、肌寒く感じるようになると「火」が恋しくなります。
この時季になると席内は、風炉を客の方へ近ずけて点前畳の中央に据え、水指は風炉
の左横に置きます。このときは細水指を使い、中置のしつらえになります。
侘びた感じの道具を取り合わせ、去り行く秋を惜しむようです。

お花は秋明菊をよく入れています。白の秋明菊は竹の花入れに合うようです。
野菊、藤はかま、ほととぎす、われもこうなどが咲いています。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 炉のしつらえ

  • 12月の掛物

  • 茶杓の銘

  • 表千家 茶道の稽古に行くときに必要な道具 1

  • 中置きの薄茶点前  4-1

  • 筒茶碗