1. TOP
  2. 茶事 朝茶 ④

茶事 朝茶 ④

作法 茶席
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

初座 初炭(しょずみ)客の作法

席入りの後、亭主は炭をつぎます。

正客は炭手前を拝見しながら炭道具について尋ねます。
亭主がお香をたきおえ香合の蓋を閉めると、正客は香合拝見の所望をする。
亭主が炭斗を持って下がると、正客は香合の拝見を始める。
 香合を次客との間に置き、次礼をする。
 香合を膝前に置き、まず両手をついて全体を拝見し、次に蓋を取り蓋裏の花押など  拝見して右横に置き、本体も手に取り拝見し、蓋を閉めて、最後にもう一度
 全体を拝見する。香合を次客に送る。

次客はそのまま三客に次礼をして、正客と同じように拝見する。
お詰も同じように拝見して、拝見がすむと香合を持って立ち、道具畳近くまで進み座る。
正客も同じように道具畳近くまですすみ、お詰めと向かい合うように座る。
お詰は香合の向きを変えて、正客の膝前に返す。
正客はもう一度拝見をして、出されたところへ返し、席に戻る。
正客は亭主に香合について尋ねる。

炭点前が済むと亭主から「粗飯を差し上げます」との挨拶があります。

いよいよ懐石を頂きます。慣れない人にとっては、ちょっとややこしい所作ですが、楽しいひと時です。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 中置き

  • 八寸の取り合わせ

  • 立礼卓の点前 ②

  • 湯返し ゆがえし

  • 濃茶 客の作法 男性

  • 長板風炉の一つ飾り