1. TOP
  2. 薄茶の割り稽古

薄茶の割り稽古

未分類
この記事は約 1 分で読めます。 3 Views

釜お茶の稽古は「薄茶に始まり、薄茶に終わる」と言われています。私もよく耳にしてきました。
特に薄茶の運び点前は、余分な動作を切り取った点前で、基本中の基本と言われていますので繰り返し稽古をしていきます。
繰り返し稽古をしていくうちに、点前座につけば自然にからだが動くようになってきます。こうなってくると、稽古も楽しくなってきます。
しかし最初から点前の稽古を始めるのではなく、点前の基本的な所作を取り出して稽古をすることを「割り稽古」とよんでいます。
美しい点前が出来るにはこの基本の割り稽古をしっかり身に付けることをおすすめします。
悪い癖が付くと直すのが大変です。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 東京っていいね

  • 中釘って何?

  • 春がやって来ました

  • 島台茶碗で濃茶を点てます

  • 寒咲アヤメの花

  • 七事式 且座