1. TOP

未分類
この記事は約 1 分で読めます。 11 Views

竹の枝は一節ごとに交互に生えている事は解っていたが、
当たり前の事だと思いまじまじと
みることはなかった。
節の枝のところに溝が有る。
この溝が、茶杓の樋になるところだろうか?と思った。
D5222AD1-A0BD-4401-9A7C-F5CE6366AC75

9DB73AC3-6001-4CD1-88F5-24ADF3AB9E10

933E62C9-E97B-477A-8763-E1EEA321054E

FullSizeRender

今まで何気なく見ていたけど、興味を持って見ると不思議が一杯です。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 東京国立博物館

  • クリスマスローズの花

  • 島台茶碗の手入れ

  • 初夏の花

  • 七事式 且座

  • 東京っていいね