1. TOP
  2. 心遣い

心遣い

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 2 Views

岡虎の尾子供が習い事を始めた。子供と言ってもいい大人である。習い事と言ってもスポーツですが。
月謝の話になったので「お札はなるだけ新札にしなさいよ」と言うと「ええ!?」と返事が返った。
「月謝を納めるとき、今月もよろしくお願いします。と言ってきちんと頭を下げなさい。」と言うと「へー??」と生ぬるい返事が返ってきた。
月に一度納める月謝に新札を使おうと、よれよれのお札を使おうと関係ないじゃん!と言われそうだけど先生に対して心遣いをしてほしい。
面倒くさいことをいやいやでもしていると、いつかは必ず「なるほどね」と思うときがくると思います。

「親の意見となすびの花に千にひとつのあだはなし」
こんな言葉を聞いたことありませんか?
なすびの花は、必ず実をつけるようです。
母から意味を聞かされた時、若かった私は「ふーん」と言ったような気がします。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 羽根

  • 湯布院町へ行ってきました

  • 且座 炭の準備

  • 寒咲アヤメの花

  • 安心して産める社会に「誰も責める気ない」

  • クリスマスローズの花