1. TOP
  2. 大毛蓼

大毛蓼


この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

大たで大毛蓼 (おおけたで)私はおおたでと呼んでいます。
9月初旬に写したので、大分くたびれた「大毛蓼」です。
夏の間はとてもしゃんとしていて綺麗でした。
今年の春、我が家の庭ににょきにょきと芽が出て、いつの間にか2メートル近くになり、どんな花が咲くか楽しみにしていましたら、ピンクの穂がたくさんついた花がつきました。
「おおたで」だろうと思ったのですが、もしかして「藍」の花かなとも思いました。本で調べてみたら、やはり「おおたで」だろうと思います。どこから種が飛んできたのか解りませんが、一粒の種から一本の苗が育ち、こんなにたくさんの花がつきました。種を取り来年はたくさん育ててみようと思います。
最初の頃の小さめの花を生けたほうがいいかなと思います。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • お茶席の花は、野の花のように

  • マツムラ草って茶花?

  • 日向水木

  • 青竹うそかえ

  • キレンゲシヨウマ

  • 白芙蓉