1. TOP
  2. 平釜

平釜

茶道具
この記事は約 1 分で読めます。 1 Views

平釜平釜は寸法がさまざまのようです。
春めいてきて、釣り釜にする時期に、平釜も懸けるようです。
平釜を炉に懸ける時、透木(すきぎ)を使います。

炉壇の右と左の縁に透木(細長い小さな木)をおいて、その上に釜の羽をかけます。
このとき、もちろん、五徳はありません。

先生から教えていただいたのは、炉の時期が終わる頃は、冬の間に蒔いた濡れ灰や、炭の灰などで炉中の灰が多くなり、炭が釜の底にあたるので、五徳をあげ、透木釜にすると聞いています。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 中置の炭点前 ③

  • 茶道具 炭道具

  • 根来塗り

  • 根来塗りのお盆

  • 大板 

  • 蹲花入れ