1. TOP
  2. 茶杓の拝見

茶杓の拝見

茶道具
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

茶杓
茶杓は、茶入れや茶器に入れた抹茶をすくう道具で、竹の中節と呼ばれているものが一般的です。

茶杓には、露、櫂先(かいさき)、茶溜まり(ちゃだまり)、節、追取(おっとり)
切止(きりどめ)と名称があり、その名称をすべてそなえているのが茶杓であって、
一点でも欠けているものは、竹べらでしかないと、千家十職の竹細工柄杓師、黒田
正玄氏は仰っています。

茶席で、正客が「お茶杓のご銘は?」と尋ねると、亭主が「○○でございます。」と応えしますが、銘には、作者が茶杓にこめた想いがあらわれているので、お応えを聞くまで楽しみがあります。

茶杓を拝見する時は
 まず、畳の上で全体の姿を見ます。
 手に取り(茶杓の節から上の方を持たないように)櫂先、節、樋(ひ)、竹の景色
 などを拝見します。
 裏側にして、全体を拝見します。

茶杓を拝見していると、竹の模様はいろいろとありますが、作者の個性がよくあらわれているのは、茶杓の最先端の露と思います。
丸い形や尖ったものなど拝見していると面白い場所です。また、櫂先の折り曲げた角度も個性が出ていると思います。

茶杓の幅が細く、スウーとして女形の坂東玉三郎を思わせるものや、幅広で男性的なものなど、小さな竹の道具ですが拝見するところがたくさんありますね。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 12月の掛物

  • 茶杓

  • 炉の炭 

  • 竹台子

  • 香合 蛤に菊の絵

  • 炭台 ぶりぶり香合