1. TOP
  2. 口切りの茶事 壷飾り

口切りの茶事 壷飾り

作法 茶事
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

口切りの茶事では、床の間に茶壷を飾っています。茶壷には口覆いがかけられ、口緒(くちお)で結ばれています。客は席入りし、床の拝見のあと、茶壷の拝見を請います。茶壷の中に、茶葉を詰めたままの事もあり、空のこともあります。茶葉が入った壷を実壷と呼び、実壷のときは壷を倒して扱い、空の時は立てたまま拝見するそうです。この後の、濃茶、薄茶の席で新茶によって点てられます。
昔から口切りの頃が茶の正月とよばれ、口切りを祝う心で、おめでたい銘の道具を使ったり、庭の垣の竹を青竹に改めたりします。

この後、初炭にて炉に炭がつがれます。
次に、懐石がふるまわれ、懐石が終わると主菓子が出されます。
菓子を頂いた後、外の腰掛へ出ます。中立ちと言います。
銅鑼や喚鐘の合図で後座の席に席入りします。
床には、炉の花である椿がいけられる事が多いようです。
この席で、濃茶がふるまわれます。
濃茶をいただき三器の拝見がすむと炭を直します。これを後炭といいます。
炭の点前がすむと薄茶の点前があり、薄茶をいただきます。
両器の拝見後、お礼の挨拶をして客は退席します。
後日、亭主宅にお礼に伺うか、電話などでお礼を言います。

茶事の流れを簡単に記しましたが、約4時間ほどの時間を共有します。
そのためには、亭主は数ヶ月前から心の準備をして、準備に取り掛かります。
もしかして、数ヶ月以上前かもしれません。そんな亭主の気持ちに感謝の心をあらわし茶事を楽しむのが「一期一会」と言うのでしょうか。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 煙草盆 莨盆

  • 茶事の心

  • 立礼卓の点前 ②

  • 開炉の茶事

  • 中置の薄茶点前 続き 4-2

  • 中置の点前