1. TOP
  2. 七事式 且座

七事式 且座

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 2 Views

七事式は表千家七代の如心斎(1705~1751)によって工夫、制定されました。

繰り返しのお稽古で退屈、怠慢になる気持ちを引き締める目的で工夫されたようです。
七事式はお花、炭、お香、濃茶、薄茶を客三人と東(とうと呼び亭主)、半東(はんとうと呼び、亭主の補佐役)の五人で行います。
正客は花を入れ、二客は炭をつぎ、三客は香をたきます。
東は、進行役と濃茶を点て、半東は、進行に応じて道具を運び出しと薄茶を点てます。
部屋のしつらい
IMG_1361

IMG_1362

席入りする前に、
床に掛け物、花入れ(花は入れずに水指七分程入れる)
道具畳には風炉、炉の時季に応じて釜を掛けます。下火は、初炭と同じです。
余談ですが
下火は意外にしっかりと起こさないと消えてしまいますね!
もういいかなぁと思った位で入れると、釜を上げた瞬間に
    えっ🤯 炭が消えてるう~
と、なりかねません。
棚に濃茶入れ、薄茶器を飾り付けます。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 東京国立博物館庭園

  • 煙草盆

  • 福寿草

  • 島台茶碗で濃茶を点てます

  • 運搬用の壷

  • 九州茶道会館の初釜