1. TOP
  2. 交趾焼 (こうちやき) 花入れ

交趾焼 (こうちやき) 花入れ

茶道具
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

DSC03244写真は交趾焼きの鶴首の花入れに、鶯神楽 (うぐいすかぐら)、クリスマスローズ,ふきタンポポの花の取り合わせで生けています。
知り合いの方が釜を懸けたときの写真ですが、立礼席ですので、濃茶席の花の取り合わせもあり、ご苦労されたようです。

利休さんは、「花は野にあるように」と言葉を残していますが、野にある花を見つけることが大変な時代で、むしろ町の花屋さん、あるいは園芸店に行くほうが早いように思いますが、走り回って用意した花を入れ、お客様から「季節のお花が入っていますが、大変だったでしょう」と声を掛けて頂くと、苦労も飛んでいってしまうそうです。

交趾焼 (こうちやき)は、中国南部で生産された焼物が交趾舟貿易により日本に渡ってきたものが、茶の湯の世界で尊ばれ、写しものとして特に京焼で生産されてきたようです。黄、紫、緑、青、白など鮮やかな色に細かく貫入の入る釉薬のかかった焼物です。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 中置きの薄茶点前  4-1

  • 高取焼

  • 根来塗り

  • 酔芙蓉

  • 中置の炭点前 ③

  • 中釘に花入を掛けました