1. TOP
  2. 11月の銘

11月の銘

未分類
この記事は約 2 分で読めます。 2 Views

11月7日は立冬です。
暦の上ではもう冬ですね。名残りの時期を終えて開炉を迎えます。
茶家の正月と呼ばれる口切りの茶事に始まり、12月になると何かと忙しくなります。11月、12月とお稽古をするともう初釜を迎えます。
お茶のお稽古は、一年を通して楽しめます。

稽古仲間で、仕事柄7月、8月、12月と休む方がいますが、それぞれの時期の
道具に会えないまま一年が過ぎる事が多々ありますが、忙しい中に時間を見つけて
稽古に来ることが、とても楽しい様子です。

冬の時期に使う道具の銘を記してみます。

残菊 朽ち葉 蔦紅葉(つたもみじ) 深山(みやま) 苫屋(とまや) 木枯らし
晩鐘 寒月 冬ごもり 無事 薄氷(うすらい) 年の暮れ みぞれ 上げ松葉
すす払い 埋火(うずみび) ふぶき 除夜 稲塚 など

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 講習会で、

  • 且座 炭の準備

  • 花寄せ

  • お茶の炭

  • 運搬用の壷

  • 竹林に困った