1. TOP
  2. 山高月上遅

山高月上遅

掛け軸
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

10月11日は十三夜でした。秋の月は一年で一番美しいと言われますが、本当にそう思います。朝方すこし欠けた月が西の空に出ていました。
夏の間は空を見上げるのは容易でしたが、これから寒くなると月を見ることも少なくなりそうです。

月の字のある語句を調べてみました。

「山高月上遅」・・・やまたかくして、つきのぼることおそし
山が高くて月が出てくるのが遅い
条件が厳しいと事が整うのも遅い

「水月」・・・すいげつ
水に映る月影をいう。
水が無心に月を映して、なお跡を留めぬことから、澄み切った高い境地をいう。

「水清月明浮」・・・みずはきよくして、つきはあかるくうかぶ。
水はとうとうと流れ、川面に映る月は浮かぶが如く一所に照り映えている。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

NO IMAGE

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 9月になると

  • そつ啄同時

  • 12月の掛物

  • 炉開き 口切りの茶事

  • 老松多寿色 掛け軸

  • 江月照松風吹