1. TOP
  2. 柿一枝

柿一枝

掛け軸
この記事は約 2 分で読めます。 1 Views

柿木今年は柿の当たり年らしいですね。我が家の柿ノ木にもたくさんの実がなりました。
この柿は渋柿ですので干し柿にしますが、今年は忙しくて時期を逃してしまい、熟してしまいました。
もう1本渋柿の木があるので、昨日やっと高枝はさみでとりました。
我が家に14年いる犬がおりますが、その犬が私が取るときに失敗して地面に落とした柿を食べていました。

14年目にしてはじめて発見。犬が熟し柿をたべることを!
今日は、高枝バサミを使って熟した柿を取り、犬のおやつにしました。
おやつを与えながらふと、人間も、動物も年を取ればやわらかい物を好むようになるんだなと感じました。

「柿一枝」かきいっし

1本の枝に残った柿。来年の豊作を祈って、すべてとらずに一つだけ残しておく柿があり、木守〔きまもり〕といわれているそうです。

我が家では、鳥のごちそうに一つだけ残しますが、その習慣は祖母や母から教えられた気がするのですが、もともとは木守から伝わってきたのかも知れません。

\ SNSでシェアしよう! /

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

茶道教室 お茶のある暮らし 【茶道・写真・道具】の人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

    この記事をSNSでシェア

ライター紹介 ライター一覧

江口一子

この人が書いた記事  記事一覧

  • 梅エキスを作りました

  • 初夏の花

  • もうすぐ風炉の季節

関連記事

  • 無事是貴人 碌々斎

  • 雪是豊年瑞

  • 流水無間断

  • 掛物 「青松寿色多」

  • 鶏一声

  • 山高月上遅